求人情報|はしもと歯科|尾道市の歯医者・歯科

TEL.0120-47-0848

〒729-0141
広島県尾道市高須町893-1

         
MENU
求人情報

スピード × チャレンジの数が人を成長させ、組織を成長させる

当院のスタッフは、自立した存在で各々がその職域で責任を持って、仕事に従事しています。

「スタッフ自身で、目標設定を行い、チャレンジ、評価、課題の克服の繰り返し」
「自分で、目標の達成度合いを評価できること」


これが、当院が求めているスタッフです。

当院のスタッフは、自立した存在で各々がその職域で責任を持って、仕事に従事しています。

「スタッフ自身で、目標設定を行い、チャレンジ、評価、課題の克服の繰り返し」
「自分で、目標の達成度合いを評価できること」


これが、当院が求めているスタッフです。

当院では予防に力を入れており、歯科衛生士と歯科助手が不足しています。けれども「誰でも良い」わけではありません。当院の「チームメンバー」として、スタッフも医院も同じ方向を向き、一体化して業務に取り組みたいと考えているからです。

当院の考え方は「患者様を笑顔にし、その笑顔を守り、患者様が素晴らしい人生を送るお手伝いをする」というものです。私たちは、そのために頑張っています。

「はしもと歯科」は、あなたがイメージする歯科医院とは違うかもしれません。あなたらしく活躍できる場が当院にはあると信じています。笑顔や元気、コミュニケーション、患者様の歯に対する意識を高めること、そして歯を守るといった点で、あなたの力を発揮してください。

スタッフへの思い

素直な人であってほしい

医療業に携わる人の特徴は、「人の役に立ちたい」という想いを強く持っている人が多いのではないでしょうか。「人の役に立ちたい。でも、私何もできない」。皆、始まりは、そこからです。当院の院長にも、次のような思い出があります。

私自身、歯科医師になりたての頃は何もできませんでした。本当に何もできませんでした。初めて患者様につかせていただいた日のことを今でも鮮明に覚えています。緊張と不安のあまり、手が震えていたのです。それが、歯科医師としての始まりです。技術も自信も何もない。

そんな中で、他の先輩歯科医師より勝ることができるものがあるかもしれないと気づきました。『挨拶』です。患者様、同僚、先輩へはもちろんのこと、上司である院長先生には敬意をはらって、元気良く挨拶をしていました。

当時の院長先生がおっしゃることが全て正しかったとは、言えないかもしれませんが、院長先生に言われたことに対しては、いつも「はい」と返事をしていました。自分の気持ちを押し殺して、院長の言うことに全て合わせていたということではありません。人生の先輩であり、職歴も長い上司であった院長先生が、声をかけてくださることは、私のことを気にかけてくださっていたと捉えています。そのお気持ちにお応えするには、素直に「はい」と返事する、それで十分です。

「人の役に立ちたい」という想い、立場が変われば、「このスタッフの子に、なんとかして自信をつけさせてあげたい」。それが、人の気持ちだろうと思います。そういうお互いの関係性が築かれてこそ、仕事ができるものと思っていますので、その根底をなす素直な気持ちをいつまでも、持ち続けてほしいです。

勤勉であってほしい

勤勉、真面目と言うと、歯科界に従事する人のほとんどは当てはまると思います。ただし、それは勤務時間内だけのことです。勤務時間外では、勤勉ですか。

スポーツに限らず、文化系の活動にしても然り、試合、展示会、コンクールがあれば、そこに向けて一生懸命練習しますよね。練習しなければ、試合本番、展示会、コンクール本番に良いパフォーマンスは発揮できません。

仕事も同じです。診療室内で行われている仕事というのは、試合本番なのです。それに向けて、日々練習している人がどれだけいますか。つまり、勤務時間外のプライベートな時間を活用して、自己成長するよう勉強している人がどれだけいますか。本当の勤勉というのは、そういう勤務時間外の時間に勉強することだと考えます。

ですから、そのような自己努力をしていない人は、いつまで経っても成長が見えないのです。もっと、自助力というものを身につけられるようコツコツ勉強する人であってほしいです。

歯科衛生士のやりがい

「あなたは、どんなときやりがいを感じますか?」と聞かれたら。仕事において、やりがいとは。

院長が思うやりがいとは、やはり「人から認められたとき」です。どうしたら、人から認めてもらえますか。指示を出されたことだけをやっていて、認めてもらえるでしょうか。

現況がどうなのかを感じ、何を改善すれば物事が良い方向へ向かうのか、そのために自分が今するべきことは何か。今、自分に求められていることは何か。そう感じて、自ら行動を起こしたとき、結果は良い方が良いですが、悪くてもその行動を人は、認めてくれるのだと思います。

やらなかった後悔より、やって失敗した後悔の方が有意義です。そう思えるようになるには、やはり勤勉でなければいけないでしょう。やりがいとは、自らの考えで起こした行動にこそ、感じられると考えています。

組織とバリューについて

すごい歯医者に入社するより、すごい歯医者を自分で作る

はしもと歯科は、小さな個人医院です。
スタッフが多く在籍しているような華やかな医院ではありません。
それでも良いと思っています。

患者さんのため、スタッフの教育支援のため、その時代にそった設備は、大規模な医院に負けないよう設備投資を行ってきました。

でも、大事なことはそんなことではありません。

歯科医療に対して、どれだけの情熱を持ったスタッフが集まっているかが、大切です。

取り組んできた成果を見届けられる環境

そのやりがいを持って取り組んでいただきたい業務が、MFTです。MFTはほぼ歯科衛生士に任せており、担当制にしています。

MFTは小児矯正と組み合わせて提供しており、歯科衛生士は自分が指導したMFTの結果を自分の目で確認することができます。MFTが完了したら、院長が手がける矯正治療に移行するという診療体制です。矯正治療を受けた子供たちはその後もメンテナンス(検診)で来院しますので、MFTを担当した歯科衛生士が継続してメンテナンスも行います。

もし矯正歯科だけの歯科医院であれば、矯正が終了したらそのお子さんとはお別れです。でも当院は幅広く診療する歯科医院ですから、小児矯正を受けたお子さんのその後を、歯科衛生士自身が見られるわけです。それこそがやりがいではないかと考えています。

尾道で顎顔面治療まで手がける、町の歯医者さん

歯科衛生士がお子さんの成長に寄り添い、MFTからメンテナンスまで受け持ち続ける体制は、虫歯などの治療と子供の顎顔面治療、MFTをすべて手がけている歯科医院だからこそのものです。

  • 人任せにしない(責任逃れはしない)
  • 自分たちでできることは自分たちでやろう
  • 勉強してチャレンジしてみよう
  • 自分たちがチャレンジしなければ、目の前の患者様は良くはならない
  • 当院で、矯正をしてほしいと望んでおられる方もいるだろう

これらが、当院の姿勢です。

だからこそ、当院に勤務した歯科衛生士には、MFTの指導技術を自分のものにすることを期待しています。そして、担当したお子さんがMFTによって良くなったことに誇りを持ち、その後も業務や技術の向上に励んでほしいと思います。

これからの歯科医療と、期待する人材

スケーリングやSRPができることは、歯科衛生士として基本中の基本です。けれども、これからは重度の歯周病患者は減ってくることでしょう。しかもSRPで改善できる症例は範囲が限られています。

歯科衛生士のニーズとして競争が激しい歯周病治療の分野で努力することはもちろんのこと、もう1つ得意分野を持っておくことが良いというのが院長の考えです。 当院は、メンテナンスと矯正の患者様を中心に歯科医療を提供しています。こうした考えに賛同してくれる歯科衛生士・歯科衛生士学校の学生さんからのご応募をお待ちしております。

歯科衛生士 募集要項

雇用条件 ■正社員
基本給:15万円以上
職能手当:2万円以上
皆勤手当:1万円
資格手当2万円以上
交通費:1万円まで
残業手当:金額は変動
試用期間:3ヶ月
■パート
時給:1,000円~1,100円(平日)
1,100円~1,300円(土曜日)
勤務時間により時給変動
勤務時間相談可
雇用期間:即日~
※期間満了後、勤務希望の方は雇用契約継続検討
加入保険 雇用保険、労災保険、歯科医師国保
有給 年間10日
昇給 年1回
賞与 年2回 3ヶ月(業績により変動)